【Affinity Designer】レイヤーの操作方法を初心者向けに紹介

Affinity Designerのレイヤーの操作方法の紹介です。

レイヤーの操作方法という表現の仕方が正しいかはわかりませんが、レイヤーを使いこなすために必要なスキルのことだと思って読んでみてください。

まずはレイヤーを表示させよう

上の写真で赤枠で囲まれている部分のことをAffinity Designerではスタジオと呼びます。
しかし、この状態ではスタジオには「カラー」しか表示されていないので、ここに「レイヤー」を追加しましょう。

1.上の「表示」から「スタジオ」を選択します。

2.「スタジオ」の中の「レイヤー」にチェックを入れましょう。

するとこのように画面内にレイヤーが出てきました。
このレイヤーはドラッグしてスタジオの中に持っていくことができます。

レイヤーの仕組み

超基本的な話になりますが、上のスクリーンショットでは上から順に「星⇨丸⇨四角」と配置されているのがお分かりいただけるかと思います。

このようにレイヤーは上に配置されているものが優先的に表示されるようになっています。

では例えば、四角を1番手前に持ってきたいといった際にはどうすればいいでしょうか。

レイヤーの順番を変える方法

【GIF】

基本的には掴んで話すだけなのですが、上のGifのように水色のバーがしっかり横全体に表示されたタイミングで離すようにしましょう。

マスクにかける方法

【GIF】

一方、掴んだ後に水色のバーが一部表示されている状態で離すと、上のGifのようにマスクをかけることができます。

上の例でいうと、星のレイヤーの中に四角が入った状態となっています。

【GIF】

ですのでこのように、オレンジの星の中でしか四角は表示されなくなります。

交差させる方法

【GIF】

さらにレイヤーを掴んだ後に上のGifのように水色のバーが小さな縦線に変わったタイミングで離すと2つのレイヤーの交わっている箇所のみを表示させることができます。

その際は上にあるレイヤーが優先的に表示されます。

複数のレイヤーを同時に選択する

【GIF】

複数のレイヤーを同時に選択したい時は”command”を押しながらレイヤーをクリックすると複数同時に選ぶことができます。

一括で複数のレイヤーを選択する

【GIF】

1つづつレイヤーを選択せずに一括で全部まとめて選択したい時は”Sift”を押しながらレイヤーをクリックしましょう。

関連記事一覧