• HOME
  • Affinity Designer
  • 【Affinity Designer】いろんな図形ツールを使ってみよう オブジェクトの紹介

【Affinity Designer】いろんな図形ツールを使ってみよう オブジェクトの紹介

Affinity Designerには本当に多くの図形ツールが存在します。
図形ツールを使いこなせば様々なオブジェクトを簡単に作ることができるので、Affinity Designerにある図形ツールを全て紹介したいと思います。

画面左側の赤い四角で囲った4つが図形ツールです。

上から、「長方形ツール」「楕円ツール」「角丸長方形ツール」「その他図形ツール」となっています。

1番下の「その他図形ツール」は長押しをすることで他の図形ツールに変更することができます。
ずらっとその他の図形が出てきました。

それでは1つずつ見ていきましょう。

長方形ツール

ごくごく普通の長方形を描くことができます。
Siftを押しながらであれば正方形を描くことができます。

楕円ツール

ごくごく普通の楕円形を描くことができます。
Siftを押しながらであれば正円を描くことができます。

丸角長方形ツール

角が丸まっている長方形を描くことができます。
角にあるオレンジ色の点をドラッグすることで丸を作ることも長方形を作ることもできます。

三角形ツール

三角形を描くことができます。
しかし、Siftを押しながら描いたとしても正三角形にはならず、2等辺三角形になってしまいます。

先端のオレンジの点をドラッグすることで直角三角形などに変形できます。

ひし形ツール

ひし形を描くことができます。
Siftを押しながらであれば正方形を描くことができます。

角にあるオレンジ色の点をドラッグすることで三角形を作ることもできます。

台形ツール

台形を描くことができます。
Siftを押しながらであれば上底:下底が1:2の台形を描くことができます。

角にあるオレンジ色の点をドラッグすることで三角形や直角三角形を作ることもできます。

ポリゴンツール

デフォルトの状態であれば五角形を描くことができます。
Siftを押しながらであれば正五角形を描くことができます。

オレンジの点を調整することで辺を膨らませたり縮ませたりすることができます。

また、ポリゴンツールは正五角形を描くためだけのものではなく、辺の数を調整することでさまざまな正◯角形を作ることができます。

三角形ツールでは描くことができなかった正三角形は、ポリゴンツールを使うことで描くことができたんですね。



二重星形ツール

星が2つ重なったような形をした図形ツールです。
2つのオレンジの点を調整することで様々な形に変形させることができます。

直角星形ツール

角が直角になってる星形の図形ツールです。
ゼロから作るとなると面倒な形をしているのでありがたいですね。

矢印ツール

矢印ツールには5つのオレンジの点があります。
そのため本当にあらゆる形に変化します。

ダイヤのような形やひし形のような形、一方を向いた矢印にももちろん変形できます。

ドーナツ型ツール

縁に穴の空いたドーナツ型ツールです。
2箇所のオレンジ色のポイントを調整することで扇型なども作ることができます。

扇型ツール

ドーナツ型で扇型を作れるなんて紹介していたら扇型ツールもありました。
しかしこれ、、ドーナツ型ツールと全く同じなような気がします、、。笑

どうやら異なるのは書き始めだけらしいです。

セグメントツール

円を上下から削っていけるようなツールです。
そかのツールでは作ることのできない形ですね。

三日月型ツール

円を三日月型に変形させることのできるツールです。

歯車ツール

歯車の形をしたツールです。
5つのオレンジの点を調整することで様々な形に変形できます。

クラウドツール

雲のような形をしたツールです。
バブルの数を増やしたり減らしたりもできます。



吹き出し(長方形)ツール

長方形の形をした吹き出しのツールです。
角を丸めたり先端部分を調整したりできます。

吹き出し(楕円形)ツール

楕円形の吹き出しのツールです。

涙型ツール

雫のような形をしたツールです。
変わった変形の仕方をします。

ハート型ツール

ハートの形をしたツールです。
オレンジ色の点は一つしかありませんが、綺麗なハートを描くことができます。

関連記事一覧