【Affinity Designer】ペンツールの使い方・設定・基本操作

Affinity Designerのペンツールについての紹介です。

Affinity Designerのペンツールではベジェ曲線と呼ばれる曲線を使って線を描いていきます。

マスターすれば綺麗なカーブを自在に描くことが可能ですよ。

はじめに

まずはペンツールを選択しましょう。

すると上部のメニューバーがペンツール専用のメニューに切り替わります。

①描いた線の内側を塗りつぶす
②線自体の色選択
③線自体のスタイル選択
④ペンツールのモード選択
⑤ノード変換
⑥アクション
⑦スナップ

1つずつ解説していきます。

①描いた線の内側を塗りつぶす

ベジェ曲線は基本的にクリックもしくはドラッグで線を描いていきます。
はじめは慣れないかもしれませんが、使っているうちにその便利さに気づかされるはずです。

上の映像のように始点と終点を結んだ直線より内側に色が塗られます。

②線自体の色選択

線そのものの色を自由に変えることができます。

もちろんグラデーションなどをつけることも可能です。
(GIF画像だと綺麗なグラデーションが表示されていませんが、、。)

③線自体のスタイル選択

ここではペンの太さや破線点線の選択、質圧などを変更することができます。

筆圧の設定やその他細かい設定が可能ですが今回は説明を省きます。

④ペンのモード選択

ペンツールには大きく分けて4つのモードがあります。



ペンモード

曲線と直線をどちらも描くことができます。

ノード(節目)を追加後ドラッグすると曲線を描くことができ、クリックで地点を指定するだけだと直線になります。

スマートモード

自動的に綺麗なカーブを描いてくれます。

ペンモードではノード追加後にドラッグすると形が変わりましたが、スマートモードでは位置が移動するだけなので形の調整はできません。

ポリゴンモード

自動的にシャープな線を描いてくれます。

こちらもスマートモードと同様、ノード追加後にドラッグしても位置が変わるだけで形の調整はできません。

線モード

線が一回一回途切れます。
曲線などを描くことはできず、直線を描くことに特化しています。

こちらもスマートモードと同様、ノード追加後にドラッグしても位置が変わるだけで形の調整はできません。

⑤ノード変換

選択したノードをシャープ、スムーズ、スマートにそれぞれ変換することができます。

ノードを1つずつ選べばそのノードのみを変換することも可能です。
選択ツールではなく、ノードツールで選択することを忘れないようにしましょう。



⑥アクション

ペンツールで描いた線に対して様々なアクションを起こすことができます。

カーブの切断

ペンツールで描いた線を選択したノードで切断することができます。

切断したいノードを選択してからアクションのカーブの切断をクリックしましょう。

カーブを閉じる

ペンツールで描いた線の始点と終点を繋げることができます。

選択ツールで繋げたい線を選択してからペンモードに切り替え、カーブを閉じるをクリックしましょう。

カーブを滑らかにする

線にノードをたくさん追加し、より自由にカーブが描けるようになります。

選択ツールで滑らかにしたい線を選択してからペンモードに切り替え、カーブを滑らかにするをクリックしましょう。
あとはノードツールに切り替え滑らかにしたいノードを調整するだけです。

カーブを結合する

線と線を結合させます。

選択ツールで結合させたい線を全て選びます。
ペンツールに切り替えカーブを結合するをクリックしましょう。

カーブを反転させる

カーブの始点と終点を逆転させます。
線を描き始めたところに戻り線を追加することができます、

ペンツールで線を描いている時に始点に戻りたくなったらカーブを反転させるをクリックしましょう。

関連記事一覧