• HOME
  • iMovie
  • 【iMovie】両脇の黒い部分をなくし、画面いっぱいに表示させる方法

【iMovie】両脇の黒い部分をなくし、画面いっぱいに表示させる方法

こんにちは、クリオレへようこそ。
今回はiMovieで動画編集をしている方なら一度は経験があるかと思いますが、「動画の両端が黒くなってしまう問題」の解決策をご紹介したいと思います。

以下のような動画ですね。
これを、両端の黒い部分をなくして横画面いっぱいに表示できたらいいのになぁ、と思ったことはないでしょうか?

理想は、動画の縦横比を自由に変更して横長の動画を作れたらいいですよね。
しかし、残念ながらiMovieでそれはできません。

ので、今回は両脇を黒にしないための方法を2つご紹介します。

方法1.最初から横長の動画を撮影する

iPhoneで撮影した動画をiMovieで編集するケースを例に挙げます。
元も子もない話ですが、iMovieには写真や動画の縦横比を調整する機能がないため、最初からiPhoneを横画面にして動画撮影することをおすすめします。

横画面で撮影すれば、iMovieで読み込んだ時に自動で微調整され、横画面いっぱいの動画を作成することができます◎



方法2.サイズを調整してクロップ

最初から動画編集をするつもりで撮影していれば、横画面で統一可能かと思いますが、何気なく撮った動画を集めて動画を作成するときだってありますよね。
そんな場合は縦の動画だっていっぱいあるわけです。そしてどうしてもこの縦の動画を使いたいんだけど、両脇に黒いのが来るのは嫌だ…そんな場面に直面することがiMovieで動画編集をしていると多々あります。

そんな時は、最終手段として「サイズを調整してクロップ」を試してみてください。

iMovieのプロジェクト画面上部に、切り取るようなマークがあるので、対象の動画を選択した状態で、それをクリックしてください。

すると動画や画像のサイズを調節できるようになるので、枠の中に黒い部分をなくすように範囲を狭めます。

調節し終わったら、右上のチェックボタンをクリックしてください。

すると両端の黒い部分が綺麗に切り取られ、画面いっぱいに動画を表示できるようになります。

今回の例のように、最初からアップ気味で撮影している動画だと、切り取った後にだいぶ厳しい状態になりますね(笑)
風景の動画であれば多少範囲を狭めても問題ないかと思います。

人物等を撮影している場合で、クロップして切り取ると顔が半分になっちゃうよ!というような時は、「サイズを調整してクロップ」の代わりに、「KenBurns」を使用してスライドショー風にしてしまうのもいいかもしれませんね。

以上で、iMovieの両脇の黒い部分をなくし、画面いっぱいに表示させる方法を2つご紹介しました。

関連記事一覧