• HOME
  • iMovie
  • 【iMovie】タイトルテキストを好きな位置に配置する方法

【iMovie】タイトルテキストを好きな位置に配置する方法

今回はiMovieのテキストについてです。
iMovieはAppleが開発する超万能動画編集ソフトで、macユーザーであれば、無料で使えるという信じ難いコスパの良さが特徴ですね。

友人におすすめの編集ソフトを聞かれた際には「とりあえずiMovie」と答えます。

しかしそんなiMovie、大きな欠点が1つ…。

テキストに弱い!

テキストの動きはたくさんあるように見えて、意外と使えるものが少ないんです。

動画編集といえば、出したいタイミングで(これはできる)、出したい位置に(これができない)テキストを出したいですよね。

長い目で見れば改善されるのかもしれませんが、今回はテキストに弱いiMovieで、好きな位置に出したいタイミングでテキストを表示させる方法をご紹介します。

改行ができるテキスト「中心」を使いこなす。

タイトルテキスト一覧の半分よりちょっと上にあります「中心」を選択してみてください。
タイトルテキストとサブタイトルを入力できるフォーマットです。

「中心」をタイムライン上にドラッグで持ってきます。

するとプロジェクト画面に反映され、タイトルテキストとサブテキストを入力できるようになります。

それでは、任意のテキストを打ち込んでみましょう。
サブタイトルは完全に消しちゃってもいいですし、こんな感じで使うのもいいでしょう。

テキストの文末にカーソルを置いて改行すると、改行がそのまま反映され、テキストの上下の配置が自由自在にできます。

なに当たり前のことを言ってるんだ?と思われるかもしれませんが、iMovieのタイトルテキストの中で、このように改行ができるのは「中心」のみ。(僕調べ)

そう、「中心」こそが唯一のタイトルを自由に配置できるフォーマットなのです。

左右の調整は「左端揃え」「右端揃え」

さて、上下は改行で簡単に調整できましたが、左右に関しては「左端揃え」「右端揃え」を使います。
といっても、wordを使ったことがある方はそのまんま感覚的にできるかと思います。

まず、上記の方法でテキストの上下を調整します。
例えば下の画像のように、左の端っこにテキストを表示したい場合…

フォントのすぐ右のマークを押してみると、テキストが右寄ります。

そうです、もうお分かりかと思いますが「中心」を使ってdeleteキーやスペースキー、そして左右揃えを組み合わせることでプロジェクト画面の好きな位置にテキストを表示させることができます。

僕のブログで以前紹介した、そうだ、iMovieでディズニー風オープニングを作ろう‼︎でもテキストは「中心」を使っています。

クリオレを購読することで、iMovieでもディズニー風オープニングのような素敵な動画が作れますので、今後ともよろしくお願いしますね◎

関連記事一覧