• HOME
  • Motion5
  • 【Motion5】プロジェクト画面のざっくりとした用途・使い方を説明

【Motion5】プロジェクト画面のざっくりとした用途・使い方を説明

クリオレへようこそ。今回はmotion5というAppleが提供する動画編集ソフトの超ざっくりとした画面の説明をしていきたいと思います。
この記事を読めば右も左もわからない状態から、なんとなく編集をどう進めていけばいいかわかると思いますのでぜひ参考にしてみて下さい。

それでは、motion5の編集画面の説明をしていきます。

ライブラリ

motion5でテキストを作成したり、画像Aと画像Bのトランジッションを作成したり、テキストアニメーションを作成したり…
基本的に全てアニメーションを誰何するのは【ライブラリ】からになります。

「動画編集」と一言で言っても、撮影した動画をつなぎ合わせて作る動画編集や、何もないところからイチからアニメーションを作成する動画編集、等がありますよね。

「ライブラリ」は後者の機能を持っていますので、自身でお好きなアニメーションを作る際は必ず「ライブラリ」から始まるかと思います。

特に使うのが「パーティクルエミッタ」でしょうか。

好みのアニメーションを選択してプロジェクト画面に持ってくるだけで、クオリティの高いアニメーション作成が可能となります。

インスペクタ

「ライブラリ」にてプロジェクト画面に追加した素材の、詳細設定を行うのが「インスペクタ」です。
テキストを追加した後、サイズや色、アニメーションの詳細を設定したり、パーティクルエミッタ追加後に、その適用量や放出範囲を決めるのがインスペクタです。

ライブラ入りで大まかなテンプレートを選択後、インスペクタで詳細な設定をしていくのがインスペクタというイメージですね◎

レイヤー

レイターは読んで字の如く、「層」を表します。
Procreateというイラスト編集ソフトのレイヤーについて詳しく説明した記事(【Procreate】基準とレイヤーを使って色を塗りつぶす方法)を参照して頂けるとよくわかると思うのですが、要は複数の素材が出てきた時に、どの素材を上に持ってくるの?ということを決める画面になります。

「レイヤー」の隣の「メディア」と「オーディオ」が動画編集をする上で特に関係ありませんので割愛させていただきます。

関連記事一覧