• HOME
  • Motion5
  • 【Motion5】マーク機能「イン点」「アウト点」でタイミングに拘った動画を作成する方法

【Motion5】マーク機能「イン点」「アウト点」でタイミングに拘った動画を作成する方法

こんにちは、前回に引き続き、映画のようなエンドロールをmotion5で作成する方法をご紹介します。

前回の記事では、テキストアニメーションを使ってエンドロールを作成する方法を、
そして今回はそのエンドロールの背面や右端に画像や動画をタイミングよく挿入する方法です。

以下の動画のように、順番に写真が表示されるようにする方法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

gifなのでテキストスクロールがカクカクなこと、そして画質が荒いこと、ご了承ください。

さて、それではサクッと説明していきます。

画像を表示するタイミングの調整方法

2つ以上の素材(オブジェクト)を使って、タイミングを調整する際に非常に重要になってくるのが、「マーク」です。

動画の再生ボタンを押すと、このマークの棒が右のほうへスーっと動いていくかと思います。
ですので、ここで写真を出したい!というタミングのところにマークを持ってきて、その写真を挿入すると、再度動画を再生したときに、自分が指定したタイミングで画像を表示させることができます。

もちろん、上のgifのように、一度画像素材をアップロードしてから、タイムコード上の青いバーを左右にドラッグしてタイミングを調整するのもいいですね◎

私はなんとなくこのタイミングでいいやってところに素材を持ってきて、プロジェクト画面の動画を何回か再生しながらタイミングを最終調整する、というような流れで作成しています。

複数の素材を使って、動画が複雑になればなるほどこのタイムコード上の青いバーの行数が増えていくということですね。

「イン点」「アウト点」マークの機能を使いこなす

基本的には上記で紹介した方法で大丈夫なのですが、素材を表示する秒数が極端に短い時(一瞬だけパッと表示させるとか)や、正確に均等間隔で表示させたい時(曲のリズムに合わせたスライドショーとか)等は、下記でご紹介するタイミングの合わせ方がおすすめです。

順に説明していきます。

イン点をマーク

これは、「素材の出だしをこのマークの点から表示させますよ」という意味。
素材の青いバーを選択した状態で、ツールバーの【イン点をマーク】を押すと、マークより以前の部分が切り取られます。

アウト点をマーク

今度はその逆、マークよりあとの部分が切り取られます。
これは個人的によく使いますね。青いバーのおしりをドラッグして長さを調整するより速い場合がありますから。

選択したイン点を移動

上の二つは、「そのマークの部分でカット」という意味合いですが、これは、「素材の長さ(継続時間)はそのままで、出現させるタイミングを調整しますよ」という意味。

選択したアウト点を移動

おれはたぶんそんなに使わないと思いますが、素材のおしりの部分のタイミングを調整するものです。
動画の終わるタイミングが決まっていて、そこに合わせて素材も終わらせるという使い方しか思い浮かばないです。

「イン点」「アウト点」を使いこなすことで、左右にいちいちドラッグして調整する手間が省けるのでかなり作業効率が上がりますよ◎

次回の記事では、より映画のエンドロールに近づけるために、「フェードイン/フェードアウト」昨日の使い方をわかりやすくご紹介します。

関連記事一覧