• HOME
  • Motion5
  • 【Motion5】ユニバーサルスタジオのオープニング風ムービーを秒速で作る方法

【Motion5】ユニバーサルスタジオのオープニング風ムービーを秒速で作る方法

動画編集好きの皆さん、クリオレへようこそ。
今回は、「とにかく面倒な手間を省いてそれなりにクオリティ高いオープニングを作りたいよ!」という方のために…

Motion5でユニバーサルスタジオのオープニング風ムービーを一瞬で作成する方法をご紹介したいと思います。
下記の手順で作成すれば本当に1分とかかりませんので、ぜひ試してみてくださいね。

ただ注意してほしいのは、あくまでユニバ「風」なので、本格的に似ているものを作成したい方にはおすすめできません。
本気でユニバ風のオープニングの作成方法はまた後日紹介します。

「大気」のテンプレートを使用

さて、とりあえず今回はMotio5を始めて触る方でもできるような超簡単な作成方法です。

まず、Motion5を起動させるとこのような画面になるので、「3D」を選択してください。

見た目的にもうおわかりかもしれませんが、「大気」を選択し、「コピーを開く」をクリック。

すると、既に作成済みのテンプレートのプロジェクト画面になります。

Motion5の3Dオープニングは、このようにコピーを開くだけでクオリティの高いオープニングが作成できてしまうので、非常に便利です◎
今回は「大気」を使いますが、その他のオープニングも素敵なので是非試してみてください。

大気のテンプレートはこんな感じ。

任意のテキストに変更する

任意のタイトルテキストにするためには、【レイヤー】「Title」をクリックし、プロジェクト画面で直接入力しちゃってください◎

タイトル入力後、【escキー】を押して、一度最初から再生して確かめてみてください。
ユニバーサル風のオープニングが出来上がりましたでしょうか。

プロジェクトを書き出す

テキストのスタイルを変更したり、テキストモーションを違う動きにしたりすることももちろん可能ですが、この記事では割愛させていただきます。

さて、ユニバーサル風のオープニングが仕上がったら、一度ムービーを書き出してしまいましょう。
オープニングの後はメインコンテンツへと繋げていくと思いますが、オープニングの時点でこんなに重かったら後の作業が大変になってしまいますので。

書き出し方法は普段使っている方ならおわかりかと思いますが、念のため書いておきます。

右上の共有ボタンを押し、【ムービーを書き出す】を選択します。

「書き出し」は特にこだわりがなければ「ソースと同じ」で大丈夫です。

書き出しの「対象」は、オープニングのタイムコード音楽を追加したのであれば、「ビデオとオーディオ」を選択、
この記事と同じように進めた方は「ビデオ」を選択してください。

保存場所はデスクトップがいいですね。

書き出しが完了したら、タイムコードを全て消し、デスクトップから書き出したファイルをドロップします。
iMovieで編集する方は同様にしてiMovieに読み込ませることができます。

この作業をすることで、オープニングが超スムーズに動くようになります!

超簡単なので、是非取り入れてみてくださいね。

関連記事一覧