• HOME
  • Procreate
  • 【Procreate】基準とレイヤーを使って色を塗りつぶす方法

【Procreate】基準とレイヤーを使って色を塗りつぶす方法

Procreateの色を塗る方法の紹介です。

今回ポイントとなってくるのは「基準」機能と「レイヤー」です。

まずはこちらの絵を塗っていきましょう。

カラードロップのやり方

Procreateで色を塗る際には、カラードロップという方法を使って色を塗ります。

やり方は超簡単です。

右上にあるカラーパレットをタッチして色を引っ張ってくるだけです。

画面から指を離す、もしくは2秒ほど待機していると色がドロップ(着色)がされます。

指を離さないで塗りつぶしを行なった場合、そのまま左右に振ることで「しきい値」を調整することができます。

例えば上の写真のように一番右までスライドすると「しきい値100%」となり、絵全体が塗られました。
このように「しきい値」を調整することで色を塗る範囲を調整できます。

さあ、この調子で色を塗っていきましょう。

こんな感じになりました。

ですがここで問題が。

レイヤーを分けることを意識しよう

このままでは1つのレイヤーに全ての色が塗られている状態です。

イメージとしてはこんな感じ。

この状態だと後から修正しずらく、消しゴムで消したりするとせっかく書いた枠線も一緒に消されてしまいます。

全ての色や枠線が同じレイヤーに描かれてしまっていると、こんな感じでいろいろと都合が悪いんです。

ですので、理想は下の絵のような感じになります。

しっかり枠線を描くレイヤーと色毎のレイヤーに別れていますね。
こうすると後から修正する際にとても楽です。



レイヤーを分けて色を塗ろう

レイヤーを分けて色を塗ったほうがいいことは何となくわかったかと思います。

ですが、ここでまたまた問題が。

せっかくレイヤーを分けて下のレイヤーにカラードロップを行なったのに、枠線を飛び越えてレイヤー全体に色が塗られてしまいます。

当然といえば当然ですよね。
下のレイヤーには枠線も何も描かれていないわけですから。

そこで役に立つ機能が、「基準」です。
枠線のレイヤーを「基準」にすることで、別のレイヤーに色を塗っても色が枠線の中で収まります。

まず上の写真のように枠線用のレイヤーと色塗り用のレイヤーを作ります。

枠線用のレイヤーをタップすると「基準」という表示があるので選択しましょう。

これで枠のレイヤーが「基準」に選ばれました。

枠線を「基準」に設定していれば、別レイヤーに色を塗ってもはみ出すことはありません。

色レイヤーも色ごとに分け、どんどん色を塗っていきましょう。

基準とレイヤーを使って色を塗りつぶす方法でした。

関連記事一覧