• HOME
  • Procreate
  • 【Procreate】アイコンや立体的な絵を描く時は描画アシストを活用しよう

【Procreate】アイコンや立体的な絵を描く時は描画アシストを活用しよう

Procreateにある「描画アシスト」という機能を使ってアイコンのような絵や立体的な絵を描く方法の紹介です。

描画ガイドには大きく分けて4種類存在します。

  • 2Dグリッド
  • アイソメトリック
  • 遠近法
  • 対称
  • これだけでは意味がさっぱりだと思うので、1つずつ見ていきましょう。

    基本操作

    画面左上にある「アクション」から「キャンバス」を選び、その中にある「描画ガイド」をONにします。
    続いてその下にある「編集 描画ガイド」をタップします。

    するとこのような画面になったと思います。

    上部に虹色の線を左右にスライドすることで、キャンバス内のガイドラインの色を変更することができます。

    下側では「2Dグリッド」「アイソメトリック」「遠近法」「対称」の中から好きな描画ガイドを選ぶことができます。

    2Dグリッド

    2Dグリッドではキャンバス内に水平垂直に線が引かれます。

    水平に線を引きたい時や垂直に線を引きたい時、もしくは正方形や長方形を描きたい時なんかに向いてます。

    「アクション」⇨「編集 描画ガイド」の中にある「アシストされた描画」をオンにすると、自動的に線が水平もしくは垂直に引かれるように補正されます。

    アイソメトリック

    アイソメトリックではキャンバス内に垂直方向と斜め30°の方向に線が引かれています。

    「アシストされた描画」をオンにしておけば自動的にガイドラインに沿って線が直線に引かれるので、簡単に立体を表現することができるようになります。

    「アシストされた描画」をオンにしておくとレイヤーに「アシスト中」という表示がされています。
    「アシスト中」だとガイドラインに沿った線に自動で補正されますが、自由に線を描きたい時はレイヤーの「描画アシスト」のチェックを外すことで解消することもできます。

    遠近法

    遠近法ではパースと呼ばれる線を引くことができます。

    パースをうまく使いこなすことができれば、例えば上の絵のような屋内の絵を描くことだったり、

    こんな感じで屋外を描くことも可能です。

    これらの絵は消失点と呼ばれる2つの点から放たれたパースによって生み出された絵なのです。
    アイソメトリックよりもより立体感を持たせることができ、奥行きのある絵を描くことができます。

    遠近法では消失点を1〜3つまで配置してさまざまな立体感のある絵を描くことができるので別記事にて紹介いたします。



    対称

    対称では表示されたガイドラインを境に左右で絵を描くことができます。
    対称には4つのモードが用意されており、それぞれ対称軸の引かれ方が異なります。

    「縦方向」「横方向」「四分円」「放射状」の4つモードがあり、「縦方向」では左右、「横方向」では上下対称の絵を描くことができます。

    対称モードを活用すればこのような綺麗な整った絵を描くことができるので、アイコンなどを描く時に向いています。

    「四分円」ではキャンバスが4等分され、その4面すべてに同時に線が引かれます。

    「放射状」ではキャンバスが8等分され、その8面すべてに同時に線が引かれます。

    回転対称について

    また対称では「回転対称」といった項目が追加されています。

    この回転対称がオフの状態だと、

    このように上下左右で対象になるのに対し、

    回転対称をオンにすると、

    このように全ての面が同じ向きの絵になります。

    ちなみに「縦方向」の時だと、

    このように対角の位置に絵が描かれます。

    関連記事一覧