• HOME
  • Procreate
  • 【Procreate】スタックを活用してギャラリーを整理する方法

【Procreate】スタックを活用してギャラリーを整理する方法

Procreateのギャラリーを整理する方法を紹介します。
Procreateでは描いた絵をカテゴリーごとに分別することを”スタックする”と呼びます。
一般的には”ファイル”や”フォルダー”と言われてる概念のことですね。

スタックを作る方法とスタックを解除する方法をマスター出来ればギャラリーを綺麗に整理することができるようになるので、ぜひ活用してみてください。

スタックを作る方法

スタックの作り方から紹介します。
まずProcreateを起動しギャラリーの画面を開きます。

続いて下の絵のようにスタックを作りたい絵を2秒ほど長押しします。
そうすると絵が浮き上がって掴むことができます。

そのまま離さずにスタックしたい絵と重ね合わせます。
そうすると、下の絵が青色に変わるのでそのタイミングで指を離します。ここで青くならない状態で指を離してしまうと絵と絵の並び替えが行われてしまいスタックにはならないので注意しましょう。

スタックが完了すると下の写真のように絵と絵が重なり合い、スタックというタイトル名に変更されます。

スタックを解除する方法

先ほど作成したスタックの中身を覗いてみると、このようにパックされた状態になっています。

スタックの中から外に出す方法は大きく分けて2つあります。
順番に見ていきましょう。



ドラッグして外に出す

まずスタックの外に出したい絵を2秒ほど長押しして掴みます。
すると絵が浮いた状態になって掴むことができます。

そのまま左上の”スタック”の文字のところに移動させます。
そうすると”スタック”の文字が青色に変わるのでそのままの状態で1秒ほど待ちましょう。
ここで途中で指を離してしまうと外に出すことができないので注意してください。

掴みながらスタックをタッチする

まずスタックの外に出したい絵を2秒ほど長押しして掴みます。
すると絵が浮いた状態になって掴むことができます。ここまでは先ほどのやり方と同じです。

その状態のまま左上にある”スタック”の文字をタッチすると、絵を掴んだままギャラリーの画面に戻ることができます。

ギャラリーに戻った後は指を離すだけなのですが、下の写真のように他の写真が青くなった状態で指を離してしまうと再びスタック新たなスタックが作成されてしまいます。
ここが正直扱いづらいです。なかなか思うようにいかなかったり元の順番に戻したいといった時に融通が効きづらいので根気強く何度かチャレンジしてみてください。

下の写真のようにどの絵も青くなっていない状態で指を離せば、無事そのポイントにスタックから出すことができます。

以上、Procreateのスタックを活用してギャラリーを整理する方法でした。

関連記事一覧