【Procreate ver4.3】テキスト入力機能の解説

Procreateがバージョン4.3へとアップデートされ新たな機能として「テキスト入力」が追加されました。
Procreateでは元々テキスト入力が出来ず不便だという声も多かった中で、個人的にも今回のアップデートはとても嬉しいです。

それでは今回はそんなテキスト入力機能について解説していきたいと思います。

こちらの絵に文字を加えていきましょう。

基本操作

「アクション」⇨「追加」の中にある、「テキストを追加」を選択します。

すると「テキスト」という文字が表示されるので、それを編集してきます。

赤で括られた「スタイルを編集」をタップします。

「スタイルを編集」をタップすると上の画像のようになります。

左から順に、「フォント」「スタイル」「フォントスタイル」「フォント属性」と分かれています。

1つずついじっていきましょう。



フォント

文字のフォントを変更することができます。
また、今回のアップデートではprocreateに自身のフォントをアップロードすることもできます。

スタイル

同一フォント内でもいくつか形がある場合は「スタイル」から設定することができます。

フォントスタイル

文字間や行間など、テキストのバランスを整えることができます。

◾️サイズ
文字のサイズを調整することができます。

◾️カーニング

写真のように一部を選択し、その文字間を調整する機能です。

◾️トラッキング

写真のように全体を選択し、その文字間を調整する機能です。

◾️ベースライン

テキスト入力した位置をベースとし、上下には位置をずらすことができます。

◾️不透明度

文字の透明度を調整することができます。

◾️レディング

行間を調整することができます。

フォント属性

文字の配置を調整できたり、下線を引いたり中身のくり抜きをすることができます。



横文字と縦文字

なんと今回のアップデートではテキスト入力の縦書きにも対応しています。
海外製のソフトの場合日本特有の縦書きには対応していないというケースが稀にありますが、さすがProcreateです。

テキストをダブルタップすると上の写真のように「縦方向」という項目が出てくるのでタップしてみましょう。

このようになりました。

フォントによっては文字が横向きになったりもします。

まだどうしてもフォントによっては変なふうになってしまうものもあります。
特に「英字」と「かな」が混合しているような文字の場合、思うようにいかないこともあるかと思います。

今後のアップデートに期待ですね。

ラスタライズ

「テキスト追加」で文字を入力すると新たなレイヤーとしてテキストレーヤーが追加されます。
サムネイルには「A」という文字になっています。

これは一般的な描画レイヤーとは異なり、テキストレイヤーという状態であることを意味しています。

テキストレイヤーのままだと文字の編集はできるものの、「絵」として扱うことはできないので消ゴムで消したりすることが出来ません。

そこで、テキストを絵として変換できちゃう機能が「ラスタライズ」です。

テキストレイヤーをタップすると「ラスタライズ」があるのでタップしましょう。

すると先ほどまでサムネイルが「A」だったところがしっかりと入力した文字全体に変わったのがわかると思います。
これでテキストも1つの絵として変換されたことになります。

このように消ゴムで自由に消したり、

「ワープ」機能でテキストの形を自由に編集したりできるようになります。

関連記事一覧